種まきの季節ですね。

種まきの季節になりました。 (手の指が消毒用アルコールのせいでカサカサです。) 今年の春は少し寒いような気がしたので、気持ち遅めの種まきとなりました。 来年からの本格栽培に向けて、種採り用の緑綿、茶綿の種もまきました。 …

たっぷりふわふわの綿とたわむれました。

今日も「しの綿」と「原毛」のご注文をいただきました。 綿は見た目の通り「かさ」がある割にとても軽いため、重量を正確に計るのがなかなか一苦労です。 特にしの綿作りの時は、軽量をしっかりしておかないと大きさがバラバラになって…

洋綿の種を出品しました。

毎年、和綿を中心に栽培していますが、洋綿も和綿の1割くらい収穫しています。   和綿よりおおぶりで、繊維が長めです。 繊維は長めのほうが糸紡ぎがしやすいです。 栽培方法は和綿とほぼ同じですが、栽培難易度は和綿よ…

アシュフォードの紡毛機。

しの綿を持って、織物の先生宅を訪ねました。 どどん、と、登場したのは、アシュフォード製の紡毛機。 先生もこの紡毛機を使うのは久しぶりだったようで、説明書と格闘ののち、セッティングに成功すると、ハイスピードで糸紡ぎが進んで…

チェンマイコットン。

貴重なチェンマイコットンの原毛をお預かりしました。 種採りをして、しの綿を作ってみようと思います。 それにしても、茶綿の色が濃くて、その色味にうっとりしてしまいます。 繊維が短いので、紡ぐのが大変そうです。

しの綿大量オーダー。

急遽オーダーが入り、「しの綿」を30本作りました。 だんだんとコツを覚えてきました。 握った時に少し芯を感じるくらいに巻くのが良いみたいです(私感)。 重さの感覚がまだつかみ切れていません。 同じ2gの「しの綿」でも大き…

緑綿と、茶綿と。

元気そうな緑綿と茶綿を入手しました。 この子たちはまだ「いすみ産」ではありません。 これからいすみ産の綿と種を生産してくれる、大事な種たちです。   綿の色が濃い。 今年の収穫がとても楽しみです。